生きる力の基礎を育む

白鳥

門真のまちに突如出現した、おおはくちょう。
ゆったりと力強く、今にも飛び立とうとしています。
その力強い目線の先には、しっかりと豊かな未来が捉えられています。

めぐみ白鳥こども園は、令和元年6月に設立された、新しいこども園。
少子化が進み、働くお母さんが増えたこのまちで、保護者、地域、行政からのニーズや要請が高まる中での船出です。
めぐみ幼稚園において約70年にわたって実践してきた、幼児教育のノウハウを生かし、「0歳児から教育」を合言葉に、めぐみ学園の新しい挑戦がはじまります。



理事長先生より


理事長先生
理事長先生
生命を受けてから、
わずか数年にすぎない幼児たち。

今後、人生の行路で、
幾十年となく、 喜びと悲しみを繰り返すことでありましょう。
みじかい園生活ではありますが、
しみじみとその幸恵を念願するばかりです。

現代は、こころにゆとりをもてず、
楽しく 育児ができる環境に乏しい社会状況になっています。
私ども、めぐみ白鳥こども園では、
美しく広々とした保育・教育環境の中、
“元気で、笑顔で、楽しく、丁寧に子育てをする”
ことをスローガンに、
これからも幼児とともに、
歩んでいきたいと思います。

5つの誓い

ののさま
めぐみっ子の“教育目標”は、仏教の“五正行”に基づく5つの人間像。これをもとに、岡崎宣真先生により、考案されたのが、“5つのちかい”です。

1.私達は、良き挨拶をする子どもになります
2.私達は、良きビジョンを持つ子どもになります
3.私達は、良く学ぶ子どもになります
4.私達は、良く感謝する子どもになります
5.私達は、よく奉仕する子どもになります